大量の名刺

名刺情報のデータ化の潮流と名刺クラウド

名刺交換は日本のビジネス界における社交辞令であり、多くの人と関わっていく上で大量の名刺を手にすることになります。数多くの名刺を受け取ってしまう場合には、その管理方法として名刺ホルダーを利用するのが一般的でした。しかし、近年では情報技術の発展に伴い、情報化して管理することが広まっています。 その有用な方法として名刺クラウドの活用があります。名刺クラウドはスキャンしたり写真を撮ったりして取り込んだ名刺の画像データを、名前、勤務先などの情報別に切り分けてデータ化してくれるサービスです。これを用いることによって手にした名刺を全てデータ化して整理することが可能であり、名刺情報の管理がとても容易になります。

クラウドの利用をするメリットとシステムの種類

名刺クラウドではスキャンされた名刺の画像をアプリやブラウザを通して送ることによってその情報をリスト化して送ってもらうことができます。クラウドシステム上では送られたデータを見て機械によりあるいは手入力により名刺データが作成されるのが一般的です。正確さを求めるのであれば手入力を行っているシステムが優れており、納期の早さにおいては機械による行われているシステムに軍配が上がります。また、顧客情報の漏洩リスクという観点からも機械の方が優れている場合が多いでしょう。手入力の場合にも入力者が顧客の全情報に触れられないように名刺クラウドのシステム上で工夫がなされていることもあります。いずれの場合においてもデータ入力と管理の容易さというメリットを受けられることから、需要に応じてどちらのシステムを利用するかを選ぶと良いでしょう。